×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

癒されご奉仕〜夢の館で賢者タイム!〜


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
4点 5点 5点 5点 8点 9点


シナリオ
ゲーム内の客は癒されてもリアルの客は癒されないよ!


今回は回想が2つ埋まってない状態でのレビューとなっています。

プレイ時間は不明。攻略が面倒で、まだ回想が2つ埋まってない状況でおよそ16時間くらいかかっています。
攻略にさえ手間取らなければ5時間前後かと思われます。

ファーレイドであるロナミアとなって男性にご奉仕したり、館の同僚である女性を攻略したりする作品。
まずプレイするうえで知っておかなくてはならないのは主人公が女性だという点。
攻略キャラも女性で、個別シナリオは友情展開ではなく恋愛しています。
なので百合展開が苦手だと微妙かと思われます。個別シナリオのエロシーンも百合ですしね。

シナリオは基本的にマップ移動で進行し、館に来た客に奉仕するか、女性キャラに会うか、ふらふらするかで進行します。
条件を満たすと強制イベントが発生し、フラグ集めをしていくことにより個別シナリオに分岐する形。
難易度は高く、そんなん分かるか!というフラグがあります。
シナリオは短いですが、個別シナリオに入るのにかなりの時間を費やすことになります。
そんな多大な時間をかけ見れるシナリオですが、どの個別も展開は同じ(ロナミアは除く)。
恋人と離れるか、このまま一緒にいるか、というようなもの。
攻略が面倒でなければ序盤のアットホームな雰囲気は楽しめたので、実用ゲーとしては悪くはない、という感想になったと思うのですが、攻略が面倒で個別シナリオは大したことないとくればそんな感想も吹っ飛びます。
ホントに攻略さえ面倒でなければ問題なかったのですが。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞、フリーご奉仕モード、称号一覧あり。
フリーご奉仕モードはゲーム中で行われる奉仕と同じもので自分好みなエロシーンが見れます。
称号一覧はゲーム中で手に入れた称号が閲覧できます。
一応アニメーションするシーンがありますが、数シーン程度で出来もこんなもんか、というものなので期待はしないほうがいいです。
シナリオ部分で書きましたが、攻略が面倒なので一度見たエロシーンは飛ばしてくれる機能が欲しかった。
ゲームが進むほど、エロシーンは長くなるのにスキップ速度は普通程度なのは辛いです。
こんなにエロシーン見るの嫌になったのはヴァルキリーコンプレックス以来ですよ?
キャラ
出てくるキャラはみんな良い方々ですね。
食事シーンは見てて和みます。
トリィナを叱るナツメがなんだかんだで甘かったり、とキャラのやり取りも良い感じ。
それだけに個別で他キャラが空気化するのは残念ですね。
序盤のアットホームな空気が好きだったので。
キャラデザ
総CG枚数78枚。差分多めです。
出来は安定性にかけます。本当に同じ人が描いてます?というレベル。
塗りも一部違いすぎて浮いてますし、もう少しなんとかならんかったのか。
最序盤でトリィナとクゥナ姉妹の説明で「外見からも分かるように、二人は正真正銘の双子」というのを見て「どこが!?」と突っ込んでしまったのは自分だけですかね。
似てるとは思えないのですが。笑うとこなのか?
音関連
曲は12曲。ボーカルソングはなし。
出来は普通です。

声優さんは結構良かったんじゃないかと思います。
百合シーンは結構エロかった。
実用シーン
総シーン数60。いくつか分割登録、非エロがあるので、実際はもうちょい少ないです。
各キャラの枠はロナミア16、トリィナ14(4)、クゥナ14(4)、ナツメ11(8)、おまけ5。
括弧内の数字は百合シーンの数です。
おまけ枠の内容はロナミア&トリィナ&クゥナの3P、ロナミアが複数の客とする、ロナミア&トリィナ&クゥナ&ナツメの4P、ロナミア&トリィナが客にWフェラ、ロナミア&クゥナが客と3Pです。
エロは特殊なプレイ(SMとか)はないですが、そういったもの以外は一通りあります。
自分好みにエロシーンを作れますし、直前のシーンの射精により、その後のシーンで精液が出るのを恥ずかしがってくれたりとなかなか良い感じ。
百合シーンも自分はあまり好きではないですが、結構エロかったです。
個人的に不満なのは男性キャラへの呼び方が「お客さん」な点。
トリィナはお兄さんと呼んでくれるので良いのですが、他2人はお客さんなので気になりました。
それからナツメのシーンがほぼ百合なのも不満(これ書いてる時点では1つだけ枠埋まってないです。多分そこは男性としてると思うのですが)。
総評
エロは結構良かったのですが、如何せん攻略が面倒すぎでプレイ中はフラストレーションがたまります。
マップ画面でのキャラ登場場所がランダムだったり、フラグが分かり辛かったり、周回前提のゲームなのにスキップ速度が普通とかやっててしんどい。
奉仕システム自体は良かったのですが、後になればなるほどに長くなるので毎回スキップで飛ばす作業になる為、攻略の面倒さがあることもあって裏目に出てます。
ここまでシステム部分に不満を感じたのも珍しいですが、本当に辛かったんです。
百合要素がどうでもよくなるくらいにシステムに不満を持つ作品でした(自分は百合要素が苦手)。
評価点数70点
関連商品



TOPに戻る