×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヴァルキリーコンプレックス


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
3点 4点 5点 7点 9点 5点


シナリオ
一度目の恋、世界を壊し。二度目の恋、世界は輝く


初回プレイ時間は11時間程度。2周目は6時間程。
分岐ポイントからのエンディング回収は1時間弱。
全エンディング回収(ノーマルエンド込み)でのプレイ時間は21時間程。
ちなみに攻略キャラはキリエ、カイレイン、ミコト、エリスの4人です。
それ以外の女性キャラはエロ要員で、それ以上でも以下でもない。

代行者戦争に巻き込まれ、世界を救う為に他の代行者と戦っていくお話。
・・・の割には結構軽いノリで話が進行していきます。
本当に世界救う気あるのか?と思うくらい。他の代行者にしたってガンゼス以外は自分の望みを叶える為に力使ってる始末だし・・・。
その望みも女性を好き勝手にしたい等のくっだらねーものだったりします。
プレイ前はもっと代行者同士でお互いの信念のぶつかり合いみたいなものがあったりするのかと思いきや、実際はこんな悪党連中の小物ばかりでもう勘弁してくれ、という展開・・・。これじゃあ代行者戦争というより世直し道中ですよ。ガッカリです。もっとシリアスな展開だと思ってたのに・・・。

というか、ですね。シナリオ自体ほとんどないんですよ、これ。
戦闘抜きで話だけなら初回2時間もかからないんじゃないでしょうか。
ダイジェストシナリオですね。ユーザー完全に置いてきぼり。
当然ながらこんな穴ぼこシナリオでは盛り上がりようもありません。
強引な伏線張りがあったり、キャラのバックボーンがほぼ語れなかったり、もう少しどうにかならなかったのか。

そして攻略キャラ。少ない・・・。
攻略出来ないキャラはエロ要員じゃん(エロくないけど・・・)。
いや、それ以前に個別シナリオがほとんどないのは納得がいかない。
途中の道のりは一緒で、ラスボスも一緒なのに、ただCG数枚と5分にも満たない個別シナリオのためにあんなダルイ戦闘を何度もやるのは辛いです。
なんでもっとちゃんとした個別にしなかったんだよ。
これだったらキリエシナリオだけで良かった。

シナリオははっきり言って手抜きもいいところ。盛り上がる部分は皆無。
盛り上がるかと思っていた対バルダール戦のガッカリ具合は・・・。あんだけ強いとかいうフリがありながら、あの弱さときたらもう・・・。
シナリオに良いところはなかったです。
システム
今回はシミュレーション部分に重点を置いて評価していきます。
シミュレーションの出来はかなりの低さ。
ダメなとこをを箇条書きにしていくと
・敵のステータスが見れない
・マップが見づらい
・思考ルーチンが馬鹿
・戦士系が使い辛い
・敵を倒さないと経験値が入らない(ただし交神儀式してる場合は戦闘信頼度の数値だけもらえるよう)
・難易度低すぎ

ざっと思いつくのはこんなところ。
特に気になるのは敵のステータスが見れないのと戦士系が使い辛いとこですかね。
敵ステータスが見れなくて強さが分からずに、1周目イフリートに戦いを挑んでやられました。ステータス見れれば絶対に避けたっつーに。

戦士系が使い辛いのはステータスアップにおいて魔法使い系はINTとCONを上げればいいのですが、戦士系は全ステータス上げないとダメなのです。
上げられるステータスに関して書くと、DEXは素早さと命中率、STRは攻撃力、CONは防御力、INTは魔法攻撃力と魔法防御力となっており、魔法使い系はDEXとSTRは上げても仕方ないので、必然的に残り2つを上げるのみでいいという事に。
逆に戦士系はこれらのステータスを全て上げないといけません。でないと攻撃は避けられるは、魔法攻撃で大ダメージ受けるはで大変。
本筋進めるだけなら多少気をつければなんとかなりますが、洞窟を攻略する際は戦士系が結構な足手まといになります。
もちっとここらのバランスは考えてほしかった。

シミュレーション部分に楽しいと感じる部分はなかったですね。
ダルすぎ。とあるステージで無駄に行ったりきたりさせられた時はめちゃくちゃ腹立ちました。なんかそういうのあるといかにも初めて作りましたー、って感じがします。
エウシュリーの人が関わってるということで、ちょっとは期待してただけにこの出来は残念。

シミュレーション部分以外で気になるところはスキップがキーボードからでないと出来ないとこ。面倒です。後一度見たエロシーンを飛ばす機能が欲しかった。
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞あります。
キャラ
今回は攻略キャラ以外に仲間になるキャラについても書いていきます(隠しキャラまでは仲間にしてないので書きません)。

キリエ・レイソン
CV:ひなき藍
ヴァルキリー。最初の冷たい感じの彼女から徐々にデレていく過程に期待してたんですが、すぐにデレて残念です。
主人公の為にりんごを買ってくるシーンには萌えましたね。あんなに嬉しそうなんだもんなぁ。戦闘では序盤はチーム一の速さでアタッカーとして活躍。ただ中盤以降は中途半端な能力からあまり活躍しなくなってきます。

ミコト・ミュラー
CV:かがみありす
主人公の幼馴染。怪力の持ち主なのに、魔法使い。
ぶっちゃけ武道家のほうが良かったんじゃ?
範囲魔法を覚えるので、育つと鬼のような強さになります。
無双状態。

エリス・リチュアル
CV:民安ともえ
主人公の妹。可愛いとおもうんだけど、萌えどころがほとんどなかった。
戦闘でははっきり言ってお荷物。育てば憶えるのかもしれませんが、序盤は回復系しか憶えないので、使えないキャラ。
敵を倒すことにより経験値を得る本作のシステムにより育てるのは苦労します。
そもそもこのゲームで回復させる機会なんてそうそうないので、自分は序盤で育てるの放置しました。

カイレイン・プリエーラ
CV:椎名るぅ
レイソール王国の姫。ミコトと衝突するシーンでのやり取りは悪くなかった。
戦士系では上位に位置する攻撃力。技もブランディッシュが結構使え、最後までアタッカーとして活躍。
ただ、防御力が低いので、あまり前に出しすぎると死ぬ可能性が高めですが。

レジーナ・アマランタイン
CV:きのみ聖
洞窟にて主人公達と出会い、以降仲間として旅に同行することになります。
戦闘では魔物を召喚して、そいつらに戦わせていくスタイル。
育てば強いのかもしれませんが、見た目好きじゃないので、自分は育てませんでした。

メイプール
CV:立花あや
街で捨てられているところを主人公一行に発見され、以降行動を共にする事になる自動人形。見た目がめちゃくちゃ好きです。性格も良いですし、このゲームの中では一番好き。それだけに個別がないのは・・・。戦闘では攻撃に補助に回復にと大活躍。
使い勝手はかなり良いです。ただSPが少なめな所が欠点ですね。
攻撃魔法連発してるとすぐに尽きてしまいます。
使う際はSP残量に注意するか、SP回復薬を持たせておいたほうがいいです。

アラータ・オラトリオ
CV:まきいづみ
押しかけ同然に主人公達の仲間になる。メガネかけてない状態は結構好きです。
いや、そうじゃなくても嫌いではないんですが。
戦闘ではメイプール同様に攻撃、補助、回復にと活躍。
ただ能力的には魔法使い系では一番下っぽい?
自分の能力の振りが悪かったのか、魔法攻撃は一番低かったです。
仲間になった当初は結構強かったんですけどねぇ。

カンナ
CV:水瀬沙季
姉の仇を討つ為に旅をしてる少女。見た目はメイプールに次いで好きです。
性格も良い感じですが、姉の仇討ちをしようとしてるようには見えないなぁ。
出会う前はもっと冷たい感じの性格を想像していたので、この普通な性格には若干驚きました。戦闘では弓が武器ということで、射程の長さがいいですね。
ただ、残念ながら自分が使うことはなかったです。いや、だって仲間になるの遅すぎなんですもん。もう少し早く仲間になってくれれば使う機会もあったかもしれないのに・・・残念です。

ガンゼス=ロウゼス
代行者の1人。主人公達に負けた後に仲間になります。
スケベなじいさんですね。男ということで戦闘では使ってません。
そもそもカンナ同様に仲間になるの遅すぎ。

バルダール
代行者の1人。主人公を一度殺した男です。
かなりの強さだと思いきや、実際戦ってみるとあまりの弱さに唖然。
挿入歌流れての戦闘で盛り上がるかと思いきや、すぐに戦闘終了ですからね・・・。
仲間になった後は性格が激変しすぎでついていけません。まぁ、元々の性格に戻っただけなんですが、でもなぁ・・・。
このキャラも戦闘では使わなかったです。
キャラデザ
総CG枚数89枚。少ない。そこはCG用意しようよ、というところが結構あったのでこの枚数には不満。出来は一部キャラデザが酷いのがありましたが、それ以外は良かったです(立ち絵でいくつか微妙なのあったけど)。
一部の酷いキャラデザってのはレジーナです(エルミールもだけど、こいつはどうでもいいや)。裸になった時の絵が骨と皮しかないんですけど・・・。
初め見たとき「コイツ実は人間じゃないんじゃ?」と思いましたよ。
見た目も好きじゃないですし・・・。まぁ、全体的に見れば良いほうです。
音関連
曲は全部で44曲。ボーカルソングは7曲。
流石はサーカス。ボーカルソングに力を入れています。
ただOPとED以外は最後まで聴く機会はほとんどないですね。
ラストバトルは別ですが、それ以外の挿入歌流れる戦闘は速攻で終わるので。
まぁ、でも良曲です、はい。
BGMも良い出来。

声優さんに関しては男性陣にも声が欲しかったです。
それ以外は特に書く事なし。
実用シーン
総シーン数は35。キリエ5、フィリーヤ1、エルミール1、それ以外のキャラは4回となっています。今回はエロシーンも頑張っている、そう思っていた時期が自分にもありました。
エロシーンでここまでムカついたのは初めてだよ!数だけ見るとそこそこありますが、実際は2回目以降のシーンは使いまわし。
テキストが違うだけで、CGはほぼ同じです。ただこれだけならまだ耐えられる。
しかしだ、好感度を上げるために何度も何度も見たくもないシーンを見なくてはいけないのは辛い。宿屋で儀式→洞窟にいき即撤退→また宿屋に行き儀式、というのを面倒なことに繰り返さなくてはいけません。
一度見たシーンはカット出来る機能が欲しかった。いちいちスキップは面倒すぎ。
しかもスキップは未読も飛ばすから新しいシーンだと気付かずにスキップすることがあるし・・・。エロシーンでここまでの苦痛を強いるとは恐れ入ったぜ。
尺は短め。質は低いです。
総評
音楽以外はダメダメです。中でもシナリオの手抜きっぷりが酷い。
こんなスッカスカなシナリオとは思わなかった。
予想していた出来より酷いですよ。楽しめる部分皆無な作品でした。
評価点数45点
関連商品
     



TOPに戻る