×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

月と魔法と太陽と


シナリオ
この世界の地球は太陽の昇らない世界。太陽の変わりに月の光が人々を照らしている。
そんな世界にも携帯電話はあるし、テレビ、ネットだってある。ただ、大きく違う事はこの世界には魔法があるって事

序盤から終盤辺りまで退屈。1話構成の作りで、大した盛り上がりを見せずに終わってしまう。
夢幻図書館の話はもう少しなんとかならんかったのかね。本編中ではほとんど戦闘がないんだから、ここでいろいろな魔法を見せたりすると良かったように思える。後、敵のCGがないのは盛り上がりにかけるかな。終盤はそこそこ盛り上がるんだけど、相手が相手だけに盛り上がりきれない。<ネタバレ>相手が人間とかで意思を持ってるならいいんだが、太陽だからなぁ。主人公達が頑張っていても、相手が意思もなく喋らない以上、相手の反応がない訳でユーザー側には伝わりにくい。<ここまでネタバレ>それにしても最後に明らかにされるこの世界の秘密は驚いたね。まさに超展開でした。

個別ルートはほとんどないのはちょい痛いかな。設定上個別を多めにすると矛盾が出る可能性があるから仕方ないんだろうが(実際おかしなとこはいくつかある)せめて恋人同士になる過程はもう少し丁寧に描いて欲しかった。個別のイベントが少ないから、どうにもいきなり感が拭えない。後は各キャラの問題があっさり解決するのがなぁ。あまり引っ張りすぎるのも良くないんだけど、ちとご都合主義すぎるかな、と。特に法子ルートが酷い。私的にはあの設定で、あのエンディングはありえない。

それにしてももっと魔法学校ならではのイベントが欲しかった。たとえば魔法を使った運動会とか、魔法による模擬戦闘とか。本編中にも試験で魔法を使ったのがあるけど、テキストのみだからいまいちなんだよな。
システム
スキップが遅い。テキストを送るスピードは速いのにいちいちキャラの立ち絵パターンが変わるたびに止まるから遅くなる。共通が長い上にこれはかなり痛いように思える。その他は特に不満な点はなかった
キャラデザ
元々ここのかさんの絵が目的で買ったんで満足ですよ。ただ、線が細い絵でちょっと荒い部分があるので気になる人は気になると思う。自分は問題なかったですが。背景の塗りがちょっと手抜きに見えた。特にアーケード街?のとこは明らかに手抜きでしょ
音関連
曲は22曲で出来は普通。OP、EDも特に印象には残らなかったです。ムービーの出来も普通な出来。声優さんは茶谷やすらさん、青山ゆかりさん、北都南さん、まきいづみさん、一色ヒカルさん、と豪華。ほとんどの方が好きな人だったので満足です
実用シーン
シーン数は20で、各キャラ4回ずつと考えてたよりも多かった。ただ、尺はかなり短いので使用は微妙かな。直のとあるシーンが一番エロく感じた自分はきっと純愛ゲームやる資格ないんだろうな(笑)
総評
絵と声優さんはいいんだが、シナリオがいまいちなんだよな。テキスト部分はちょっと説明口調な感じ(なんか三人称視点ぽかったな)が多かった。もう少し日常イベントを増やし、サブキャラを出してくれれば主人公達が世界を守るために頑張るっていう気持ちが伝わってきて評価も多少上がっていたであろうから残念。絵買い出来る方なら満足できるかもですが、シナリオも求めるならスルーした方が無難かと思います
評価点数65点
関連商品




TOPに戻る


このゲームの攻略を見る