×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
7点 7点 8点 8点 8点 7点


シナリオ
最低で最高な合宿生活が今始まる!

総プレイ時間は13時間。共通が1時間半くらいで、個別が2時間半〜3時間程。

萌えゲーです。これでもかっていうほどの萌えゲー。
これぞ萌えゲーのお手本となるゲームだ!といえる作品だと思います。

シナリオは基本的に最後まで同じような雰囲気で進みます。
キャラ同士の掛け合いは面白いですね。
すみれの場をかき回してくれる発言や、真の馬鹿丸出しの発言とかは笑えるし、良かった。
後は要先生の弄られっぷりとかが笑える。というかこの先生はかなり好きでしたね。
給料3万円とか悲しすぎるけど、笑ってしまうし、お金なくて生徒から昼食を分けてもらうのは先生としても大人としても駄目すぎる訳だけど、その駄目っぷりが好き。
しかしこの人は攻略出来ないんですよね・・・。後、静穂さんや桃子さんの両名も結構好きなんですが、これまた攻略不可。
残念すぎる。ここまで残念と思えるのも久々かもしれん。
FD出してくれないかなぁ・・・。

とここでシナリオについての話に戻して。
シナリオの出来としては普通。このゲームはキャラの魅力ありきでのゲームなので、キャラに魅力を感じないと厳しいかもしれません。
その理由として、このゲームは上で書いたように最初から最後まで同じノリで進むためです。
一応個別で山場みたいなものでシリアス部分がありますが、アッサリと終了するので、純粋にキャラ萌えに期待してるのであればそれで良いのですが、それ以外も求めていると、このシリアスのアッサリさに拍子抜けしてしまうかも。
自分は萌えゲーであまりシリアスられて、雰囲気が壊れても嫌なので、これで良かったと思います。
というか仁乃シナリオのシリアス部分の出来が酷くて、これをやる限り、このアッサリさにしたのは正解かと。

そうそうこのゲームで語る上で外せないのは主人公。
萌えゲーの主人公って大抵が鈍感だったり、あまり役立たないってことが多い気がする(偏見か?)のですが、このゲームの主人公は高スペックです。
まず主人公は特別鈍くはなく、ストレスなく見てられます。
もし主人公が鈍感野郎だったら、仁乃シナリオは見てられなかっただろうなぁ。
あそこでグダグダにならず、スパッと告白に踏み切った主人公は評価したい。
そして主人公は魔法を使えないという設定なのですが、その代わり某ネコ型ロボット並みの便利アイテムを作ります。
それらがシナリオ中で活躍するので(頻度自体はそれほどでもなかった気がするが)、最初はこの魔法を使えない設定が不安だったのですが、杞憂に終わったようです。
ちなみに主人公は無自覚天才型。これは自分の才能に気付いてないというキャラということです。
本人は大したことないと言ってますが、アイテム作りに関しての才能は相当なもののようで、周りの人の評価は高い。
なのでそういうキャラが苦手な方はご注意を。

シナリオは最後まで萌えゲーしていて、それのみを求め、そしてキャラが気に入れば問題ないシナリオだと思います。
キャラもムカつく奴はいないですしね。ただ個人的に残念だったのは合宿してる感があまり伝わってこなかったこと。
一緒の部屋で寝泊りしてるのに、寝る前に布団入りながらの会話等がなかったのは凄く残念。
まぁ、そもそも合宿の目的が目的なだけにそれもどーなの?と思わなくもないですし、要先生もいる訳ですが(この先生なら普通に許しそうだけど)、それでもないのは残念だなー、と思いましたね。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞あり。
次の選択肢へジャンプする機能があるのはかなり便利なんですが、アイキャッチ画面でイチイチ止まるのはどうにかしてほしかった。
これも飛ばせるようにして欲しかったですね。スキップそれなりに早いですが、選択肢ジャンプ機能があるので、あまり使う機会はないかと。
気になったのは演出面の弱さ。魔法使うシーンでのエフェクトが微妙すぎる。
使われる頻度自体はそれほどないけど、もちっとなんとかならんかったのか、と思えます。
せめて一番使われる機会が多かった、雷魔法だけでもなんとかして欲しかったですね。
キャラ
野々村 仁乃
CV:ヒマリ
魔法科1年生。魔力は高いが、コントロールすることが出来ずによく魔力暴走を起こしてしまう。
怒って拗ねた時にダンボールハウスに引きこもる姿が可愛かった(笑)。
個別は一番エロに力が入っていた気がする。
他シナリオに比べると若干シリアス色が多めなのは不満だけど、キャラ自体は主人公のことを意識し出してからの態度が可愛らしくて良かったです。

鷹取 柚子里
CV:夏野こおり
魔法科2年生。成績は良いが、とある理由からワースト7に選ばれてしまう。
このキャラ視点でのシーンは悶絶必至。
主人公を意識してるとこの破壊力がヤバイんですよ。
そして魔法衣装がまんま、某魔法少女である「な○はさん」なのには吹いてしまった(笑)。

三峰 美奈都
CV:桜川未央
魔力工学科1年生。兄である真同様の愛すべきお馬鹿キャラ。
ヒロイン中で唯一主人公と開始時からの知り合いで、気心しれた仲って感じですね。
真と揃っての会話シーンは笑えました。真が馬鹿すぎる(笑)。
シナリオは真が美奈都のことを本当に大切にしてるんだな、というのが痛いほど伝わってくるものでした。
主人公と美奈都が無断外泊するシーンでの問い詰めシーンはそれがよく分かる。
そして最後の方はなんか読んでいてジーンとしてしまいました。
学園長は普段アレな人だけど、やる時はやる人ですね。

代官山 すみれ
CV:佐々留美子
魔法科1年生。学園長の孫です。
場をかき回す発言が素敵すぎます(笑)。
黒いことを考えてる時の表情が良い!
そして妹モードがツボでした。
普段の彼女とのギャップもあり、かなり萌えましたね。
キャラデザ
総CG枚数は72枚。枚数は少なめ。
出来は問題なし。塗りは明暗のつけかたが上手かったです。
立ち絵は表情がいろいろ変わり良かったですね。
個人的に気になったのは全員集合CGがなかったこと。
これがシナリオ欄でも書いた、合宿してる感が伝わってこないことに拍車をかけてる気がします。これが唯一不満でしたね。
音関連
曲は全部で21曲。ボーカルソングは2曲。
OPはゲームの雰囲気に合っていますし、歌ってる方ともマッチしていて良いですね。
EDのほうはあまり印象に残ってないです。出来は普通かなぁ。
BGMについても普通。のんびりとした明るめなのが多かったです。

声優さんについては1名除いて問題なし。
その1名も管理人自身が苦手な人ってだけで、多くの方は問題ないかと思います。
実用シーン
総シーン数は17。各キャラ割り当ては仁乃4、柚子里4、美奈都4、すみれ4、莉里1で、美奈都の1回と莉里は1人エッチをしているシーンです。
莉里との本番シーンはなし。尺は一部短いのがありますが、全体的には普通くらい。
描写はあっさりしてるかな。個人的には柚子里のシーンで魔法少女コスでしてるのがあるのが嬉しかった(笑)。
後、自分は1人エッチシーンは好きではないのですが、美奈都の1人エッチはエロすぎ。
このゲームで一番エロかった気がします。総じて出来は普通くらいかと。
総評
ここまで徹底して萌えゲーしてるのをプレイするのは久々かも?
全体的に隙のない作りで、萌えゲーとしては結構良い出来でしたね。
キャラもメインからサブまで個性豊かで、良いですし。
主人公にしたって良い奴で気に入りました。
体験版で気に入った方なら外す事はない作品かと思います。
評価点数79点
関連商品



TOPに戻る


このゲームの攻略を見る