×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぺたぺた


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
6点 7点 9点 7点 7点 4点


シナリオ
勿体無いなぁ


プレイ時間は共通3時間、個別が1時間〜1時間30分程度。
総プレイ時間10時間。攻略キャラは5人です。

ハーレム物。女性と言われても疑われない、むしろ男であることを疑うくらいに可愛い主人公で、男連中からも好意を向けられます。
始めた時の懸念事項が、その男からも好意を向けられる事でした。
立ち絵もある友人2人から好意を向けられ、これはBL展開あるんじゃないか、と。
という不安を抱えつつのプレイだったのですが、プレイしていく内にそんな嫌な気持ちはなくなり、普通に良い奴らで楽しく読み進められました。
ヒロイン勢も良いキャラで、空気を読むスキルも持っていて終始嫌な気分になること進められますね。
あ、ちなみにBLルートはないです。ご安心下さい。

シナリオの出来は可もなく不可もなく。話数構成で、2話まで共通、3話が共通と個別が半々、4話から個別、5話で終了し、エピローグへ、というようになっています。
キャラとの掛け合いが結構良い。終始楽しい気分で、男連中の変態ぶりが笑えます。
マジで主人公に惚れているんですもん。主人公の男らしい部分を華麗にスルーするシーンは、あまりにもアホらしくて笑えます。
テンポ良く、サクサク読めるのも良いですね。

大体のシナリオが4話が恋人パートで、5話がシリアスパートになっています。
恋人パートは、ぼちぼち楽しめますね。攻略キャラはどの子も可愛く、萌えます。
シリアスパートの出来は悪くはないです。予想がつく展開で、イライラすることなく見てられました。
周りの人たちの手助けも良いしね。ただ終わりがあっさり気味なのは残念。
ルートによっては、そこで終わりなの?というのもあったし。
後はボリューム不足なことですか。共通とイチャラブ部分はもっと欲しかった。
仲間内でのやり取りは面白かったのですが、知りあって間もない割には信頼しまくりなのに違和感があるので、もっと共通の分量が欲しかったな、と。
イチャラブ要素は想像より少なかったので。
ここらの分量がもっとあれば満足いく作品だったと思う。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞、表情鑑賞あり。
表情鑑賞は立ち絵の鑑賞が出来ます。
自分の環境だけかもですが、ゲームの起動が遅い。
初回プレイ時はあまりにも遅くて、起動の為に何度もクリックしてました。
スキップは早めで、前の選択肢に戻る機能があります。
キャラ
卜部 あきら
CV:小倉結衣
帰国子女。主人公の昔の友達。
とりあえず幼少期の主人公が可愛すぎる。
逆にあきらは男の子だわ。生まれてくる性別をお互い間違えちゃったような。
と言っても、成長したあきらは女の子らしくなってますけど。
主人公の為に努力していた、というのは良いですな。

沢登 優希奈
CV:神村ひな
文学少女。人付き合いを拒絶するようなキャラだと思っていたのですが、そんなことはなく割と普通に受け答えしてくれます。
仲間の中では一番大人しいキャラですね。家が喫茶店をしていて、そこの制服を着る優希奈が可愛いです。
付き合い始めた後の積極的な優希奈はヤバイです。
主人公と一緒にいたいオーラ出しまくりで、自分には珍しく萌えた眼鏡キャラでした。

塩川 彩
CV:葉村夏緒
悠斗と匠とは前の学園からの付き合い。アニメとか好きで、自分で漫画を書いています。
共通で抱きついてきたりして積極的な面を見せてくるのですが、個別では主人公の事を意識しだして恥ずかしがります。
ギャップに弱い自分なので、そこはもう萌えましたね、えぇ。

伊良原 琴子
CV:藤森ゆき奈
匠の姉。小動物っぽい人で、周りから可愛がられているのも納得です。
初登場時から可愛すぎてニヤニヤが止まりませんでしたよ。
舞台でキスするシーンがあるのですが、恥ずかしがってヌイグルミを出すシーンが琴子さんらしくて良かったですね。
その後にキスしてくれるのですが、目撃した匠の反応が笑えます。
主人公がキスしてる事にショックを受けてるとか、お前どんだけ主人公の事が好きなんだと。可愛いだけでなく、しっかりと姉をしていたのも高印象。

桜井 未姫
CV:篠原ゆみ
主人公の姉。血のつながりがあるわけではないです。
主人公の事を大切にしているというのが凄く伝わってきますね。
普段の態度はアレなんですが(笑)。
個別は結構シリアス、というかほぼシリアスですね。
まぁ、主人公の事を遠くから眺めてるシーンはストーカーにしか見えず笑ってしまいましたけど。イチャラブ分がほとんどなかったのは残念ですが、エピローグでの幸せな表情をしている未姫姉さんが見れたのは良かったです。
キャラデザ
総CG枚数61枚。とてもフルプライスとは思えない枚数。
何度もここはイベントCGがあるべきだろう、と思いましたよ。
表情パターンも服装パターンも少なかったのも不満。
出来はエロCGが微妙でしたが、通常のCGは良かったです。
音関連
曲は全部で20曲。ボーカルソングは2曲。
オープニングはノリの良い曲ですね。こういうの好きです。
エンディングは普通。BGMも普通ですね。

声優さんは問題なし。ただ主人公に中途半端にボイスをつけるのは・・・。
女の子っぽい部分の強調の為なのでしょうが、唐突に声がつくので誰?となります。
実用シーン
総シーン14回。優希奈4回、あきら、彩、琴子3回、未姫1回となっています。
かなり薄いっすね。数だけ見ればそうでもないですが、パイズリしたら終了とかがあり、本番までいかずに終わるシーンがいくつもあります。
尺も短め。元々期待してなかったですが、それを更に下回る出来でした。
総評
この手の作品が問題なければ楽しめるでしょうが、ボリューム面では不満が残る作品ですね。
正直これでフルプライスは厳しいかと。シナリオ分量が増え、CG枚数も増えれば良作近いレベルの作品にはなったと思う。
評価点数69点
関連商品



TOPに戻る


レビュー一覧ページに戻る