×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
4点 5点 6点 6点 8点 7点


シナリオ
女の子がたくさんいるから、という不純な動機から看護士を目指す平野健康。
そんな彼が入学した看護学校には彼以外男性がいないというハーレム世界だった!
男子寮もない為、女子寮に暮らすドキドキな生活の1学期を終え、夏休み明けの2学期。
新たな出会いと共に物語は始まる

個別は30分〜1時間で総プレイ時間は3時間〜5時間程度と短め。最初に書いておきますが、東雲さくら、松ノ下音乃の両名は被攻略キャラです。
本作はナースのお勉強 やさしくわかる基礎看護技術の続編的位置づけ(私はプレイしてないです)で、会話内容から前作で誰ともくっつかなかったら?というif作品。
とはいえキャラ等も最初に軽く触れてくれるので、前作未プレイでも困りません。まぁ、雛のいきなりの噛み付き具合、つむぎのラブラブ光線っぷりには戸惑うかもしれませんけどね。

シナリオは共通、個別含めて看護実習関連のイベントがほとんどを占めています。正直実習イベントは退屈でした。
OPのミニキャラ見て楽しげな雰囲気を感じていたんですが、本編はダラダラと実習を繰り返していくだけ。

個別も大したイベントもなくシーンを合間に挿入して終わりという流れでした。
一番不満だったのはエンディング。西村麻衣、伏見いつきはいいとしても、残り3人のエンドは流石にどうかと思う。
尾羽由佳里と鷹野雛はエンディング内容がほぼ同じですし、ここで終わりなの?と感じました。
和歌宮つむぎに至っては明らかにバッドエンドでしょ?終わりのBGMもそれっぽかったですし。
好きなキャラだっただけにこのエンドは残念でした。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞あり。ただCG鑑賞でCGを見ると右クリックでサムネイルに戻らないので使いづらい
ゲーム動作がちょっと重めで、他のプログラムを同時に起動させながらやる方は注意。
スキップは早いんですが、スキップを作動させる為のメニューバーが画面右の方にカーソルを持っていかないと出ないのは面倒。
それから選択肢によってはシーン分岐等があるのでQセーブはあった方が良かった。
後、音声が次の音声場所まで再生されるタイプなんですが、文章クリックで止まるようにして欲しかったですね。
キャラ
尾羽 由佳里
CV:那須伽伶
主人公の先輩。初めて会った時に主人公が気に入ったようで、事有るごとに主人公を誘惑してきます。
共通ルートでのエッチ要員で、シーン数は一番多いキャラ。
攻略キャラの中で唯一の被処女で、最初から主人公を責めてきます。

鷹野 雛
CV:佐藤千幸
主人公の同級生。主人公に姫と呼ばせて、下僕扱いしてきます。
最初から最後までデレ描写はほとんどなし。
ツンデレ責めはイマイチでした

和歌宮 つむぎ
CV:吉川華生
主人公の同級生。寮の風呂場で裸を見られ、家の教えから許婚という関係になる。
一度エッチした後の彼女の変わりようは凄いです。
雛に嫉妬して授業中に手コキとか寝ている主人公に目隠しして襲うとかね。
好きなキャラでしたが、あのエンディングはないと思う

西村 麻衣
CV:青葉りんご
主人公の同級生。主人公が好みのタイプのようで一目惚れしてしまう。
緊張すると失敗をしてしまうキャラで個別でもいろいろと失敗してしまいます。
攻略キャラ中で一番挿入シーンが多い。
彼女のシーンの赤ちゃんプレイ(主人公が赤ちゃん役)は流石に引きましたね。

伏見 いつき
CV:成瀬未亜
主人公が病院研修で出逢う女の子。両親の前だと素直な子ですが、いなくなると一転、我が侭娘に。
手術を間近に控え、ナーバスになっています。
攻略キャラ中一番シーン数が少なく、出番も個別以外はなし。
もっと甘えてくるとこがあると嬉しかったな。声優さんが好きな方だったんですが、出番がほとんどないのは残念でした
キャラデザ
原画家はさっぽろももこさん、なつめえりさんの2人。総CG枚数は89枚(差分含まず)
若干バランスが悪いと感じるとこがあったり、女性キャラがやたら肌が白いのが気になったりしました。
特に肌は主人公と一緒の時が結構あるので余計感じましたね。
それと汁の描写がない部分があるのは実用メインのゲームとしてどうかと。
構図的に仕方ないとこもありましたが、ここはないとおかしくないか?という場所でもなかったのは不満。
音関連
BGMは全部で16曲。OP曲は電波っぽい感じ。ED曲はOPとは180度違い、おちついた曲調。
BGMは全体的に明るめで出来は普通。

声優さんの演技は問題なし。どういう訳か小倉結衣さんのみ2役演じてますが、これはサブキャラだからなんですかね?
実用シーン
総シーン数は32個。ただし東雲さくらのシーンは回想に入ってはいますが、実用と見るのは微妙。
尺は短めなのが数個ありますが、それ以外は普通〜それなりの長さ。
シチュは受けがメインですが、一部受けではないのでは?というのもあります。
挿入までいくのが13個程と少なめ。最後の方のシーンでは主人公がア○ル責めされるのばかりです。
女性同士でのペニ○バンドでするシーンだったらいいんですが、主人公がペニ○バンドで責められるのは好きになれませんでしたね。
ア○ル責めを減らして、もっとフェ○を増やしてほしかった。
後は複数のキャラにヤラれてるシーンも欲しかったですね。
量、質共にフルプライスではキツイレベル。
総評
受けシチュメインの本作なので、前提として受けが好きじゃなければ手を出してはいけません。
ア○ル責めに対して嫌悪感をもたなければ、悪くないと感じるかもしれませんが、正直これでフルプライスはキツイかなと思う。続編を作るなら、もっとシーン数を増やしたり、エンディングへの配慮等をしてもらいたいですね
評価点数60点
関連商品



TOPに戻る


このゲームの攻略を見る