×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

主に交われば朱くなる


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
4点 6点 7点 7点 6点 4点


シナリオ
なんだかなぁ・・・


プレイ時間は共通、個別共に2時間。総プレイ時間は10時間。

流されるまま親の言いなりに生きてきた主人公が、自主性を重んじる学園に通うことになるというもの。
この学園は普通の学園ではなく、男性は執事としての役割を与えられ、お嬢様と主従関係を必ず結ばなくてはいけないという決まりがあります。
途中から、この学園に入ってきた主人公も例外ではなく、9月1日までに主従関係を結ばないと退学になるということが冒頭で学園長から通達されてしまいます。
そこで主人公は幼馴染のお嬢様2人、知り合ったばかりの2人、の4人の中から主従関係を結ぶキャラを選ぶ事に、というのが序盤の流れ。
序盤は、それぞれのお嬢様に仕え、元々仕えていた執事から、執事の職についてのレクチャーを受け、という感じで進みます。

シナリオの出来は正直微妙。まず設定が駄目。
流されるままに生きてきた主人公が、自主性を重んじる学園に入ることにより、どう変わっていくか。そしてお嬢様と執事の恋愛はタブーという決まりをどう乗り越えるか、というのがあるのですが、はっきりいってダメダメ。
主人公の成長要素は、ほんの少しだけ描かれていますが、当然それでは足りません。なんでか周りの人間は主人公の事を買っており、ルートによっては主人公の影響で家の空気が変わってきた、とか出るのですが、意味が分かりません。
主人公はどこにでもいる平凡な、特に取柄もない男ですよ?暁の護衛の海斗のように、型破りなタイプであれば説得力も出てきますが、この主人公では説得力皆無。
どのルートでも、主人公の成長を感じることなく終わってました。

お嬢様と執事の恋愛はタブーという設定なんて、序盤以降は有名無実化しています。
さんざん煽るだけ煽っておいて、個別に入れば知らんぷり。普通にヒロインとくっつきます。その後も、普通に付き合い続け、周りも祝福。一体何がしたかったんだ・・・。

そもそもシナリオが短すぎます。この2点を活かすのであれば、ある程度のシナリオの長さがなければならないだろうに。
共通も個別も2時間では、圧倒的に足りない。これでは、メーカー側は端から活かす気なんてなく、とりあえずこの設定に惹かれて買う奴がいればいいやー、という安直な考えで出したと思われても仕方がない。

シナリオの方はブツ切りすぎる。普段は、そこまで気にはならないけど重要なイベントに入ると凄く気になります。
1イベント起きたら次の日になってしまい、どう考えても、その日のうちに済ませておくべき事、その後にあるであろうイベントがないのは違和感ありまくり。
1回行動起こしたら、それでお終いってどういうことなのでしょうか。

それから、それぞれの家について厳しい厳しいと再三再四語られるのですが、それを示すようなイベントは起きません。
恋愛部分に横槍が入るとかいうのはないし、そもそも親が出てくることは一切ありません。厳しいような印象は全く受けなかったです。

キャラ数は結構多いけど、サブキャラはお助けキャラのような扱い。
元々ついていた執事とは色々起こるんだろうなぁ、と思っていたけど、そんなことはない。
一部のシナリオでは多少キャラを活かしていますが、それ以外のシナリオは活かせていません。

シナリオについては、褒める部分皆無ですね。見所もなく、山場になっても、「ふーん」程度。キャラ萌えがあるわけでもないですし、シナリオも駄目だし、期待しないほうが良いんじゃないかと思います。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞、ムービー&エンディング回想、ボイスメッセージ、チュートリアルあり。
ボイスメッセージは、声優さんのメーッセージが聞けます。
チュートリアルは、つよきすにもあったやつです。
スキップ速度は遅め。
キャラ
御神 朱音
CV:水霧けいと
生徒会長。優秀な人らしいけど、それほどでもないです。
序盤は、厳しい人なのかと思ってましたが、結構普通ですね。
子供時代のが厳しかったような。
水泳が苦手で、その苦手を克服しようとするのは良かったです。

御神 橙音
CV:上田朱音
朱音の妹。出来の良い姉に微妙な感情を抱いています。
基本的に明るい性格ですが、姉と比べられると機嫌が悪くなってしまいます。
他キャラに比べ、シリアス分多め。

藤堂 菜織
CV:宮沢ゆあな
橙音の友達。お嬢様らしくないお嬢様。
フレンドリーに接してくれます。
見た目は一番好みなキャラですね。
今はいませんが、かつては許嫁がおり、処女ではありますが、その男とエッチな事をしていた事があります。
特に必要である物でもないので、いらなかったよ、そんな事実。

一ノ瀬 絵美奈
CV:和葉
後輩。感情を表に出すのが苦手で、特に笑う事に関しては苦手の域を越えて、笑うことが出来ません。
キャラの中では、一番お嬢様っぽいですかね。
知識豊富ですが、男女間での事については、あまり詳しくない。
主人公がいる状況で寝てしまった彼女は、それを同衾だといい、恋人になったというくらいですから。
裸エプロン時の照れてる表情が、凄く可愛かったです。
キャラデザ
総CG枚数90枚。出来は良いです。
朱音のキャラデザに若干癖がありますが、他は問題なし。
立ち絵のパターンは少なめ。背景パターンは更に少ない。
街中に出ても、たこ焼き屋がある公園しか出てきません。
もう少し用意しようよ。それから、橙音のエロシーンで風呂場でのフェラシーンがあるのですが、CGは主人公が橙音の胸を後ろから揉んでいる状態。
ここからどうやってフェラしているのだろうか。ろくろ首なの?怖いんだけど。
出来は良いと思うのに、手抜き部分が残念すぎる。
音関連
曲は全部で13曲。ボーカルソングは1曲のみ。
歌は良い感じですね。結構好きです。
BGMはイマイチ。パッとしないものばかり。

声優さんは問題なし
実用シーン
総シーン数18回。朱音と菜織が5回で残りが4回。
数だけ見れば、そこそこあるように思えますが、本番エッチは各キャラ2、3回くらい。
それ以外はパイズリ、フェラ、足コキ、手コキがあります。後は前戯一歩手前程度で終わるシーンも。
尺は短いし、質も低い。エロも頑張る的な事がOHPに書かれていた気がしたのですが・・・。
総評
絵は良かったけど、至る所に見られる手抜きがなぁ。
シナリオのボリュームも少ないし、攻略キャラ数も少なめだし。
せめて香代ちゃんは攻略させてほしかった。
一番萌えられそうなキャラに見えますから。
だからと言ってもFDは勘弁ですけどね!この出来でFDはねーです、えぇ。
評価点数54点
関連商品
 



TOPに戻る


レビュー一覧ページに戻る