×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Clear〜クリスタルストーリーズ〜


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
6点 7点 7点 7点 8点 7点


シナリオ
あの夏。心を取り戻したあの夏から幾ばくかの月日が経ったそんなある日。
6人の少女達との恋物語が幕を開ける

クリアのFD作品。1シナリオが30分〜1時間程度。総プレイ時間は4時間くらい。
ネン以外のキャラは本編の後日談で、本編では薄かった恋人同士の触れ合いが体験出来ます。
主人公は前作では良くも悪くも個性的でしたが、普通な人間に戻っててちょっと残念。
さすがに本編の言動はないとは思いますが、アレがないと寂しく感じてしまったり。
シナリオ中身はキャラによって落差がありますね。春乃、ネンは悪くない出来でしたが、他が微妙すぎる。
特に無月。なんかエッチしてただけで終わったような・・・。もう少し中身が欲しかったかな。
というか全体的にボリューム不足なんですよね。無月、ののか、紗由は問題が起きることもなく終始、恋人同士のベタベタっぷりが描かれているだけで物足りない。
確かに本編ではこういうのが不足していましたが、それにしたって何かしらの問題が起きて欲しかった。
まぁ、お互い大切にし合ってるという気持ちは伝わってきたんですけどね。しかし物足りなかった。

肝心のネンシナリオですが、もっとボリュームがあればなーと思ってしまう。
出来自体は悪くないんですが、たった数日間の中での出来事なんで、好きになる過程がほとんど描かれていないんですよね。
こういうネンみたいな恋愛とかをまるっきり知らないキャラは好きなんで、もっと過程を見たかった。
ネンが主人公のことを好きだという気持ちは終盤でのある出来事から痛いほど伝わってきたんですけど。
システム
CG閲覧、シーン回想あり。パッチを当てないと特定のシーンが見れません。
湯気やら霧が表現されてるのは面白いとは思いました。使われる場面は少なかったのでいらないと思いましたけど。
スキップは早め。セーブはQは問題ないけど、普通のセーブが面倒に感じた。
ロードは本編とは違い、セーブした箇所から始まるように改善されてるようで良かった
キャラ
月村 美姫
CV:観村咲子
本編のメインヒロインの1人。
どうやら美姫の両親とは本編でのあの出来事が尾を引いてる様子。
一応和解はしてるようですし、付き合うことも認めてもらってはいるんですけどね。
内容はありきたりな感じ。

行野 無月
CV:水瀬沙季
もう1人の本編のメインヒロイン。
飽きっぽい性格の無月が、ちゃんと水泳を続けていたのは良かったです。
しかし、それだけ。シナリオはひたすらエッチで中身はなかったです・・・。

岡本 ののか
CV:大野まりな
主人公が住んでいる家のメイドさん。
相変わらずみんなから愛されてます。
本編シナリオは好きになれなかったけど、FDでのキャラは好きだな。
冗談言ってきたり、主人公の寝顔見たさに目覚まし止めたり、ニヤニヤしてしまった。
シナリオは老人ホームでの主人公に対しての別れを惜しむ声があった下りは好きでしたね。
今まではののかのみであったにも関わらず、主人公に対しても・・・という、こういうエピソードは良いです

本町 春乃
CV:草野花恋
主人公の後輩で、本編から変わらず、巫女さんのバイトをやっています。
緋雨の前であろうとベタベタするは、退魔中でもベタベタするは、見事なバカップルぶり。
緋雨はそれ見て照れすぎ。というか退魔中は自重しろよ(笑)
まぁ、そんなラブラブっぷりを見れるんですが、単にそれだけではなく中身自体も一番楽しめましたね。
旅館での退魔の仕事な訳ですが、正直すぐに落ち部分には想像がついてしまいます。
ただ、それでも他の後日談シナリオと比べると頭二つ分くらい抜けてましたね。

宮城野 紗由
CV:遠野そよぎ
主人公の後輩で、ネコミミ少女。
本編でのアノ性格はそれほど好きじゃなかったんですが、現在のこの性格の紗由はかなり好きです。
私的に○○君って呼んでくれるのは好きなんですよね。
しかし内容はあまり印象には残らなかったかな。風邪引いてそれを看病しに来たことくらいしか頭に残ってないです

ネン
CV:仲原あおい
死神の少女。本編で誰ともくっ付かずに心を取り戻した後のシナリオ。
当然主人公とネンは今回が初対面というようになっています。
これがメインのシナリオであり、一番長いです(とはいっても1時間もあれば終わると思いますが)
内容は悪くはないんですが、ほとんど一目惚れといってもいいような感じでお互い好きになります。
終盤の展開は強引&ご都合入りますが、FDである事を考えると許せる。
終わり辺りは結構好きではあります。ネン自体は好きでも嫌いでもないです
キャラデザ
総CG枚数は38枚。1キャラおよそ6枚〜7枚。
ちょっと少ないかなと感じる。特別エッチな絵という訳ではないですが、CGの8割くらいがエッチシーンでの絵です。
液描写は純愛物だと多め。
音関連
BGM数が鑑賞モードがないので不明。OPはないですが、EDでは前作でも使われていたCrystal Loveが流れます。
本編でも好きでしたが、やはり良い曲だと思います。

声優さんは本編から一緒。ののかの声が合ってないように感じました。
本編時にはあまり気にしなかったけど、今回は気になってしまいましたね。
実用シーン
総シーンシーン数は15。美姫、無月、ののかは3個ずつで、春乃、紗由、ネンは2個ずつ。ののかのを2個で良かったから春乃の数を3個にして欲しかった・・・。
尺は普通程度。ネンの本番は1回のみ。春乃シナリオで緋雨の自慰シーンが見れます。
出来れば本番も見たかったけど、まぁ仕方ないですね。
変わったプレイだと美姫の足コキ、ののかの縛りプレイ、胸と髪を使ったシーンがあります。私的には春乃の胸を使ったプレイが見たかった。ののかは貧乳だから微妙だって・・・。質は普くらい。純愛物だとこんなもんかなというレベル。
総評
FD作品と加味してもこの内容でこの値段は高く感じますね。ゲームとは別にデスクトップアクセサリとかもつけてもらえると良かったと思う。
ネンが好きだったり春乃が好きだったりしない限りはスルーした方が賢明かなと思う。
ちなみに緋雨シナリオはないから注意して下さい。何故ないんだろ・・・
評価点数65点



TOPに戻る