×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


シナリオ システム キャラ キャラデザ 音関連 実用
6点 6点 6点 7点 8点 3点


シナリオ
凍りついたのは世界ではなく、プレイしたユーザー


プレイ時間は共通4時間、個別30分〜1時間30分。総プレイ時間8時間程度。


素材は良いのに、調理を適当にした結果、出来たのは美味しい物もあるけど、大部分が不味い料理だった。

設定自体は良かったです。シナリオも中盤から終盤くらいまでは良い感じに盛り上がりますし(盛り上がらないルートもあるけど)。
ただ消化不良。投げっぱなしの伏線がいくつかあり、更に一部ルートの扱いが酷い。
テア、エリノアはそう悪くはないのですが、残り2人は打ち切りが決まった漫画の如くの終わらせ方。
敵キャラ出てきたと思いきや、結局倒すことなくエンディングて・・・。
そしてエピローグでボク達の戦いはこれからだ!・・・で終了とかホントに凹みます。
でも扱いが悪かろうが、伏線をしっかり回収してくれれば、こんな思いは抱かなかった。


プレイしてた時は4人クリア後に、真ルートか、過去編が追加されるんだろうな、と思っていたのですが、見事に外れました。
4ルートのみとは・・・。どう考えてももう1ルートはなきゃおかしいと思うのですが。
せめて主人公の過去についてはもっと語ってほしかった。
必要最低限しか語られないので、倒すべき敵が出てきても、イマイチ盛り上がりに欠けるんですよね。
しかも主人公の能力が強すぎで、戦闘の盛り上がりも皆無。終盤辺りで一気に失速してきます。
主人公自体は初めキャラ絵見たときは、メガネ掛けてて、凄く頼りない印象があったのですが、やるべきとこではきっちりやってくれますし、そう悪くないのですがねぇ。
ただ主人公が所持している腐食銀の剣の扱いがおざなりなんはちょっと・・・。
彼にとって大切なものの筈なのに、記憶を失っているとはいえ、それはないかな、と。


それからシナリオの前後やルートによっておかしなとこや、矛盾があるのも気になります。
キャラの内面描写も薄く、行動に対する説明が理解し辛いのも気になる。
特に敵については掘り下げ不足すぎ。主人公の過去と関係あるんだから、もっと主人公過去は見せるべきだったな。


途中までは面白かったんですが、全キャラクリアすると一気に評価が落ちる。そんな作品です。
もう1ルートあって、そこちできっちり伏線回収してくれれば、と思わずにいられません。
システム
CG鑑賞、シーン回想、音楽鑑賞、スタッフルームあり。
弄れるシステムは少ないですね。
スキップなんですが、未読スキップの横に強制スキップ置くのは勘弁してほしかったです。
気付かずに強制スキップ使ってしまっていたので。まぁ、気をつければいいことなんでしょうけど。
スキップはそこそこ早め。
キャラ
テア・ボールシャイト
CV:風音
薔薇騎士の団長。行く場所のない主人公を家に置いてくれます。
騎士としては優秀なんだけど、家の中だと下着でうろつくようなだらしない?人。
そんな彼女の面倒をいろいろ見る主人公とのやり取りは見ていてなんだか暖かい気持ちになります(笑
時々見せる照れた表情とかいいですね。
個別はメインルートだけあって一番良い出来ではある。
作品の中で唯一あのキャラを倒すこともできるし。
ただこのルートやっても消化不良なのが・・・。

エリノア・ベッシュ
CV:春乃伊吹
薔薇騎士所属。剣の腕はかなりのものです。
歯に衣着せない人で、人によっては苦手に思えそうなキャラですね。
個別はデレが良いとは思うのですが、内面描写が薄すぎる。
終盤でのイベントなんかあまりにも唐突でちょっと着いていけなかったです。

クリスティアーネ・デューリング
CV:かわしまりの
薔薇騎士団の副団長。ただし、剣の腕前はそれほどでもなく、領主の娘という立場のために与えられたもの。
プレイ前はメガネ掛けている為に、イマイチ攻略する気がおきなかったんですが、メガネ外した状態が結構多く助かりました。
性格は他のキャラに比べ、穏やかで、どちらかと言えば強気な性格のキャラばかりの本作では緩和剤的なキャラ。
個別は一番駄目でしたね・・・。彼女についての伏線投げっぱなしで終わるとは。

ルーツィエ・クーリー(ティム・アルノルト)
CV:桜坂かい
冒険者。女性だが、本人は男性だと言い張ってます。
怒ったり、照れたりといった表情が可愛いですね。
個別はクリスの次に酷い・・・。
幼少時の彼女が可愛いっすね!
髪型変えないでそのままにしておいてほしかったな。
キャラデザ
総CG枚数は74枚。作品のボリュームを考えるとこんなもんか。
正直物足りないけど。立ち絵が戦闘シーンで変化してくれるのはいいね。
サブキャラの騎士にも立ち絵あるし。表情パターンはそれほど多い気はしないけど、特に気にはならなかった。
しかしテアパンチラしすぎだろ。普通に立ち絵でされるのは個人的には好きじゃないな。
これはなんとかしてほしかったわ。
音関連
曲は全部で23曲?登録されてない曲もあるっぽいので、正確な数不明。
ボーカルソングは3曲あった気がするんだけど、音楽鑑賞にはOPの1曲しかない・・・。
OP曲は良い感じかと。ゲームが期待出来そうな歌。
EDと挿入歌(挿入歌あったよな?)は記憶に残ってない。
悪くはなかったと思うのだが・・・なんで音楽鑑賞にないんだ?
BGMはまぁまぁ。OPのボーカルなしバージョンがいいね!

声優さんは問題なし。問題なしなんだけど、男性陣にもつけてほしいなぁ(ついてるキャラもいたけど)。
実用シーン
総シーン数9。割り当てはテア2(2)、エリノア3(1)、クリス2(1)、ルーツィエ2(1)です。
括弧内の数は本番までいく回数。エリノアの回想の1つは触手に捕まってるシーン。
正直回想に入れるのはどうかと思うのですが。
それ以外で本番までいかないのは自慰シーンです。
エロは薄いですね。まぁ、これの前にやったecho.に比べればマシではありますけど・・・。
あってないようなものだと思っておいて下さい。
総評
発売前はマスターアップが早く、ちゃんとスケジュール管理出来てるな、と好印象抱いていたのですが、プレイ後の今は、ギリギリまで作りこんで欲しかった想いで一杯です。
多少延期してもいいから、もっと時間かけてれば、良作になり得たかもしれないのに・・・。
個々で見ればそう悪くないのですが、全体を通して見ると粗ばかりの作品でした。
評価点数62点
関連商品
 



TOPに戻る


このゲームの攻略を見る